みるくてぃ150ml日記。

なにか見つけたとき、気づいたとき、手作りしたときのなんでも日記です。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
テンプレート替えました。 :: 2012/10/19(Fri)

ブログをかなり放置している間に(^_^;)、

お借りしていた「サリイ」さまのテンプレートが

一般公開終了になっておりました。

淡くて優しい感じの小鳥さんたちが、

とってもお気に入りだったので、残念です。

サリイさま、ありがとうございました。



こんなに放置しているにもかかわらず、

ブログを訪れて下さっている友だちから

「なんか注意書きでてますよー」

と、メールが(笑)。

ありがとうございます(^人^)。



ということで、

一時的に、

こちらの新しいテンプレートを使用させて頂きます。



ブログもぼちぼち再開いたしますので、

ご訪問よろしくお願いいたします。



  1. 日記
  2. | comment:2
初・江ノ電の旅 :: 2012/06/30(Sat)

近い観光地ほど後回しになって、なかなか行く機会が無い。

「行ってみたいなぁ。」と、

いつもテレビや雑誌でみては、密かに憧れていた

『鎌倉』。



海外から一時帰国する、と友人から連絡がきて、

この際だから、鎌倉まで行っちゃう?ってことになりました。

ほぼ、私の「行ったことないから」の理由で決定(笑)。

正確には、

二人と一匹(彼女の愛犬)との

半日「江ノ電の旅」となりました。



*-*-*



まずは、お目当てのカフェに行こう!ってことで、

いきなり「極楽寺駅」下車。

しかし、なんと臨時休業!

せっかく調べて行ったのに(-_-;)。。。

仕方ないので、記念にパチリ。

極楽寺駅1

ちなみに行こうとしていたカフェはこちら。

カフェ坂の下

(ここ、キョンキョンのドラマの撮影で使われたカフェです。)



またバッグに入れられちゃったよ、ゴメンね。

極楽寺駅2



*-*-*



こうなったらあとは行きあたりばたっり。

隣の「稲村ケ崎駅」で下車してみる。

ちょっと歩くと、すぐに海が見えてきたよ~!

あれが、江の島です。

江ノ島

漁師さんっぽいワイルドなお店を発見したので、そこでランチ。

池田丸

「生しらす丼」、一度食べてみたかったんだよね o(^-^)o!

池田丸 しらす丼

美味しかった~!

付け合わせの「もずく」も最高でした。

ちなみに、友人のはお刺身定食。



*-*-*



いよいよ鎌倉へ移動。

江ノ電1

平日なのにやっぱり観光客でいっぱいでした。



ちょっと、路地に入って行くと、

面白そうなお店がたくさんあるんですね~。



その路地の一角に、素敵な甘味処を見つけたのでちょっと休憩。

甘処あかね

甘処あかね1

『あかねの煮あずき 抹茶付』

小豆の粒が大きくて、これまた美味しい~♪!

おススメです!

と、私が言うまでもなく、

あとで調べたら、

知る人ぞ知る有名なお店だったようです(^_^;)。

営業時間は、13時~16時30分(平日)と短めです。



ぶらぶら鶴岡八幡宮の方へ歩いて行くと、

なんだか人だかりのお店。

覗いてみると、みんな手を洗ってました。

ここは石鹸のお店。

鎌倉 蒟蒻しゃぼん

鎌倉蒟蒻しゃぼん

本当に蒟蒻みたいにプニュプニュなのに

ちゃんと泡がでて、しかもお肌がしっとり♪。

手のひらサイズで、一個1,200円~と、

ちょっとお高めだったので、ここはお試しで我慢(笑)。



*-*-*



その後も、他愛もない話をしながら散歩して、

喫茶店でコーヒーを飲みながら、

最後は二人でそれぞれ雑誌を読んでいました(笑)。



会うのは1年ぶりくらいなのに、

そんな感じが全然しないのが不思議。

居心地良すぎて、

またすぐ会えそうな気がしちゃうのよね。

じゃあ、またね~って、

彼女は再びパリへ。



*-*-*



鎌倉100分の1くらいの旅でしたが(笑)、

満喫した半日となりました。

まだまだ、

奥深い鎌倉・江の島。

また、来よう!

鎌倉の大仏さま、まだ観てないし(笑)。


テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

  1. 神奈川
  2. | comment:10
お祭り射会 :: 2012/05/23(Wed)

いくつになっても、露店を目にするとなぜかウキウキする。

心地良く、子供の頃にひきもどされる感じ。

川崎大師1

ここは、川崎大師。

名物の飴を切る音が、

通りにトントコ鳴り響いています。



毎年5月に、弘法大師降誕奉祝会が行われ

同日に弓道奉納射会も開催されます。

昨年は、残念ながらでられず

やっと今年初参加できました。

境内の中に特設された弓道場、少々違和感。

川崎大師2

矢道のすぐ脇には見物客がたくさんいて、

的を大きく上に外せば、

後ろのお社に矢が刺さる事になりかねない。

この緊張感も楽しみの一つだったりするのかも。



*-*-*



三人1組で四つ矢×二回。

四つ矢皆中すれば、もう一つの名物「くず餅」が頂けるのですが…。

弓友も含め、結果はイマイチ(-"-)。

でも、お社に矢が刺さらずに済んでホッとしました。

くず餅は頂けませんでしたが、

参加賞で、川崎大師の御守りを頂きました。



*-*-*



帰りには、三人で「くず餅サンデー」を食べ、

くず餅サンデー

おうどんとタコ焼きも食べて

すっかり童心に帰った1日となりました。



*-*-*



そして、朝からずーっと鳴り響いていた飴切りの音。

ほとんどのお店で、

職人さんが飴無しのまな板を

楽器のように包丁で叩いている音なのでした(^_^;)。

中には、本当に飴を切っているお店もありましたよ(笑)。

このトントコ♪音と光景は、

街の風物になっているのでしょうね。


  1. 射会
  2. | comment:14
クプクプバロン ヴィラズ@バリ島#2 :: 2012/04/25(Wed)

クプクプバロン ヴィラズ」内にあるスパは、

宿泊客以外の旅行客にも人気があり、

予約も希望通りにとるのがなかなか難しいようです。



人気の秘密は、

クプクプバロン10

フランスの「ロクシタン」直営のスパ

マンゴーツリースパbyロクシタン」。

って言うのも1つの理由かもしれません(^-^)。



使われるオイルやトリートメントは

すべてロクシタン プロダクトのもの。

もちろん、泊っている部屋内のアメニティー

すべてロクシタンなのが嬉し~い♪。



マッサージルームは何部屋もあって、

一番の人気は、

ヴィラ内のマンゴーの木をいかして造られたお部屋。

マンゴーツリースパです。

この建物は2棟あります。

クプクプバロン6

中はこんな感じ。

想像以上のオープンなスペース。

クプクプバロン7

クプクプバロン8

たくさんあるコースの中から、

2時間コース(ボディ1時間&フェイシャル1時間)のマッサージを予約しました。

US$138(サービス料別途)です。

かなり贅沢なスパですね(^_^;)。

でも、この眺めを、ひとり占め。

気持ちよかった~。

クプクプバロン9

エステシャンの彼女。

この小さい体からは想像できないくらいの

力強いマッサージでしたよ。

終わると、マカロン付きのティーを用意してくれます。



ウブドの夕方は肌寒くなるので、

風通しの良いこのマンゴーツリーでのスパは、

太陽が昇ってる時間がおススメです。



*-*-*



そして、

このヴィラでは、

月・水・金の朝8時から9時の1時間

宿泊客の為に無料のヨガ教室が行われます。

ロクシタンのスパ内です。

クプクプバロン19

風邪で寝込んでる主人を横目に(笑)、

いそいそとおでかけ~。



しかし、なんとこの日に来た生徒さんは、私ひとり!

先生は男の方で、

英語で「あと5分待って。」と笑顔で一言。

素直にヨガマットの上で体育座りをして待っていました。



なんか、背中に気配を感じたので振り向いたら、

なんと後ろから「気」みたいのを送られていた・・・汗。

そう言うの苦手なんだけど・・・(-"-)。

まぁいいか、ここはバリ。



気を立て直して(笑)、

それから約1時間、マンツーマンでひっくり返りそうになりながら、

結構ハードなヨガをこなしました。

すべて英語ですが、

先生が一緒にポーズをしてくれるので、

まったく問題ありません(^_^;)。



*-*-*



旅行終盤、ようやくウブドの中心街へ。

1時間に1本、シャトルバスがホテルから出ています。

たまたま他にお客さんがいなかったので、

指定のお店まで横付けしていただきました(^-^)ラッキー。



風邪が治りかけの主人は

あんまり歩きたくないとのことなので、

デウィ・シタ通りにあるいつものバタンワルで読書。

バタンワル2

まずは、いつものKOU(コウ)で石鹸を購入。

KOU2

ここの石鹸は無添加でクセが無くて使いやすい。

あれ?

ちょっと値上がりしたみたい(T_T)。

昨年はRP.27,000(270円)だったバラの石鹸は、

ひとつRP.33,000(330円)になっていました。




再び、ウブドの街をひとりでブラブラ。



ハノマン通りに出るちょっと前に

ん?

小さいけど、センスのいいお店を発見。

中に入ると、かわいいものがたくさんある~♪。

malu

お店の名前は「malu」。

可愛い店員さんにお話を伺うと、

バリニーズのオーナーがワンピースを作ってるそうで、

オーナーの奥さまは日本人なんだそう。

ここで、たくさんアクセサリーとバッグを買っちゃいました。

一部がこちら↓。

malu2

小さいカゴに入れてくれます。

この指輪、ひとつRP.35,000 (350円)です(^-^)。

アクセサリーは店員さんの手作りです。



このあともしばらくブラブラ。



ひやかし客になりながら、バタンワルで待つ主人と合流して

シャトルバスで無事にヴィラに帰ってきました。



*-*-*



ヴィラに帰ると、

ホテルからワインをプレゼントされました♪。

クプクプバロン15

このワイン、

普段は、RP.470,000 (4700円)で部屋のミニバーに置かれているワインです。

嬉しい~~♪。

最終日は、このワインとルームサービスでのんびり夕食を楽しみました。



*-*-*


そんなこんなで、

7泊9日の旅行もあっという間。

たっぷりリフレッシュさせて頂きました。

(^人^)



*-*-*



帰国後、体重が2キロ増!!!

納得です(^_^;)。


テーマ:バリ島 - ジャンル:旅行

  1. バリ島
  2. | comment:8
クプクプバロン ヴィラズ@バリ島#1 :: 2012/04/24(Tue)

13回目のバリ島です。

先週末に帰ってきました(^-^)。



今回は急な休暇だったため、かなりの強行突破。

家族会議をした結果、またバリ島に決まり(笑)。



飛行機は、

ANAのマイルを使って、ジャカルタ経由のバリ島行き。

ホテルは、

ウブドにあるKupu Kupu Barong Villas

クプクプバロン ヴィラズ
に決定。

決め手は、ヴィラ内のマンゴーツリースパです。

スパのお話はまたあとで♪。



*-*-*



先ずは、ジャカルタで国内線に乗り換えなんですが、

これがかなりの曲者で、

immigrationが混んでる上に、

とにかく案内板がわかりにくい・・・。

大きなトランクをガラガラしながらなんとかチェックインをしたのは

2時間後(笑)。

しかも、搭乗する予定の飛行機がdelay。

ガルーダ航空の好意で前の飛行機に変更してくれたのはいいのですが、

時間がギリギリだったみたいで、

ちょっとパニック状態のランドキャビンアテンダントと一緒に

そこから違うゲートに走る走る!

ふぅ~(^_^;)。

次回は絶対直行便にしよう!



*-*-*



バリ島に着いたのは、ほぼ0時。

そして、ヴィラに着いたのは真夜中の2時過ぎでした。

クプクプバロン1

うわー♪。

お姫様気分、再び!

ベットの上の

バラの花びらで出来た『WELCOME』に癒されるのも束の間、

もう、バタンキュ~。


ちなみに、この真ん中に写ってるカゴバックは

ホテルからのプレゼントでお持ち帰りできます(^-^)。



*-*-*


ホテルの名前に入っている、

「クプクプ」の意味は、「蝶々」。

クプクプバロンは、大きな蝶々の意。

実際、飛んでいるところは見られませんでしたが、

なんとロビーで見つけましたよ~!

クプクプバロン5

本当に大きいですね(笑)!



ヴィラ内はこんな感じです。

クプクプバロン17

私たちのお部屋は「No.11」。

アユン川が眺められるプール付きのお部屋、

アユンリバープールヴィラ」です。

このプール、

ソーラーヒーターを利用した温水プールなんですよ。


クプクプバロン3


ロビーから部屋までは近いのですが、かなりの急こう配。

額が道路につくかと思うくらいの坂です(笑)←ちょっと大げさですが。

レストランはロビーの下にあるので、

毎朝、この坂を往復。

部屋にこもりっきりの私たちにはいい運動でした(笑)。

もちろん、無料でバギーも呼べますよ。



*-*-*



朝ごはんは、

コンチネンタル、アメリカン、アジアンスタイルと3タイプ。

フルーツサラダorフルーツジュース、

コーヒーorティーの他に、

アジアンスタイルは、ミーゴレンかナシゴレン。

そして、このデザートが付いてきます。

クプクプバロン4

ちなみに

アメリカンスタイルはこちら↓。

クプクプバロン2

私は、ほぼ毎日アメリカンスタイルを頂いていました。

そして、この透明に見えるフルーツジュース。

レモンジュースです。

これがかなり酸っぱい!

でも病みつきになる美味しさで、

毎日リクエストしてしまいました。

オススメです!



*-*-*



そして、

午後3時から5時の間ヴィラ内のバーに行くと、

宿泊客には無料で

アフタヌーンティーを用意してくれるサービスがあります。

クプクプバロン18

最近、バリではアフタヌーンティーが流行っているんだそうです。



*-*-*



ネット環境はと言うと・・・。

Wi-Fiの暗証番号を、スタッフに伺うと

すぐに教えてくれます。

基本は、1部屋に1回線ですが、

リクエストをすれば、

2回線目をすぐに新規で作成してくれます。

しかも、ユーザー名と暗証番号を

宿泊客の名前で(笑)。

覚えやすくて、ちょっと嬉しかったです。



通信速度は、

想像通り(笑)。

窓際とベランダでやっとつながる感じです。

山奥ですから、仕方ないですね。

メールがつながるだけでも十分です(笑)。



*-*-*



こんな素敵なヴィラにこもりっきりで、

またまた読書の日々が数日続いたのでした(笑)。



ところが、着いた早々主人は風邪をひいてしまい、

この後のわずかなアクティビティもほぼソロ活動に・・・(^_^;)。



つづく。


テーマ:バリ島 - ジャンル:旅行

  1. バリ島
  2. | comment:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。