みるくてぃ150ml日記。

なにか見つけたとき、気づいたとき、手作りしたときのなんでも日記です。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
お祭り射会 :: 2012/05/23(Wed)

いくつになっても、露店を目にするとなぜかウキウキする。

心地良く、子供の頃にひきもどされる感じ。

川崎大師1

ここは、川崎大師。

名物の飴を切る音が、

通りにトントコ鳴り響いています。



毎年5月に、弘法大師降誕奉祝会が行われ

同日に弓道奉納射会も開催されます。

昨年は、残念ながらでられず

やっと今年初参加できました。

境内の中に特設された弓道場、少々違和感。

川崎大師2

矢道のすぐ脇には見物客がたくさんいて、

的を大きく上に外せば、

後ろのお社に矢が刺さる事になりかねない。

この緊張感も楽しみの一つだったりするのかも。



*-*-*



三人1組で四つ矢×二回。

四つ矢皆中すれば、もう一つの名物「くず餅」が頂けるのですが…。

弓友も含め、結果はイマイチ(-"-)。

でも、お社に矢が刺さらずに済んでホッとしました。

くず餅は頂けませんでしたが、

参加賞で、川崎大師の御守りを頂きました。



*-*-*



帰りには、三人で「くず餅サンデー」を食べ、

くず餅サンデー

おうどんとタコ焼きも食べて

すっかり童心に帰った1日となりました。



*-*-*



そして、朝からずーっと鳴り響いていた飴切りの音。

ほとんどのお店で、

職人さんが飴無しのまな板を

楽器のように包丁で叩いている音なのでした(^_^;)。

中には、本当に飴を切っているお店もありましたよ(笑)。

このトントコ♪音と光景は、

街の風物になっているのでしょうね。


スポンサーサイト
  1. 射会
  2. | comment:14
羽子板射会@浅草 :: 2011/12/05(Mon)

この日は、朝から土砂降りの雨。

気温もググッと下がってかなり寒い。

目の前にあるスカイツリーも霧の中で全然見えませんでした。

そんな悪条件を物ともせず、

弓狂仲間9人が朝の8時半に浅草駅に集合しました。

年末の恒例行事、「浅草羽子板射会」です。



*-*-*



御覧の通り、道場の上座には賞品の羽子板がぎっしり。

羽子板1

ちょっとアップにしてみましょう。

羽子板2

いつもの的とは違って、

この日は色的を使います。

中心から金、緑、赤、白の4色で、

矢が刺さった色で金=10点、緑=7点、赤=5点、白=3点と配点され、

4本引いて、その合計点で競われます。

しかも、中心に中てると、太鼓の音がドドンっとなって、

その場で剣玉をくれるんですよ。



目の前に人参をぶら下げられている感じで(笑)、

賞品欲しさに、欲が先行してしまいがちですが、

それを抑えていつも通りの射をしないと・・・。

昨年は欲が出て失敗しました(笑)。



今回の私の結果は、

0、5、5、3=13点です。 3中/4射

なかなかの調子◎でした。



土日の2日間を通して行われ、

全国から集まる何百人もの参加者で争われた結果、

上位30位までと、節賞といって、

切り番にあたる位を運よくゲットした方だけに

自宅へ羽子板が送られてきます。

それまで、自分が何位なのか謎です。

昨年の優勝者は33点。

13点では残念ながら節賞狙いですね~(-_-;)。

もしも、送られてきたら後日ブログにUPします。

音沙汰なかったら、残念!ってことで(笑)。



でも、楽しかった♪。

ちなみに、参加費は1,000円、記念にオリジナル手ぬぐいをいただけます。



*-*-*



帰りはもちろん、浅草名物のもんじゃ焼き。

お好み焼きや鉄板焼き・・・そしてお昼からビールを飲みながら

プチ忘年会をしました。

帰るころにはすっかり雨もやんで、青い空が顔を出していました。

雷門2


  1. 射会
  2. | comment:6
那須与一になる。 :: 2011/08/09(Tue)

『那須与一、扇の的を射る』

平家物語巻第十一「那須与一」より。




*-*-*



那須与一と言う人物をご存知でしょうか?

平家物語に記された屋島の戦い(香川県)で、

彼が美女の乗った小舟の竿に付けられた扇の的を

射抜いたというお話があります。

那須与一が、栃木県那須の出身であるということから、

毎年、8月4日に日光扇の的弓道大会が行われるようになったそうです。



先週、その大会に参加するため、

弓仲間4人と車で3時間かけて、

日光の二荒山神社、中禅寺湖へ行ってきました。

昨年初めて参加したのですが、1本も中らず。

今回はリベンジです。



今年は第50回と言う記念の年。

参加者は、前年より200名も多い1900名でした。

9時に受付をして、出番は14時。

3人一組で、ほぼ最後のチームです。

出番まで、日光観光♪。



*-*-*



さあ、出番です。

矢は湖に落ちてしまうため、会場で竹矢を4本貸してくれます。

が、もはや竹矢の羽は濡れ、中には曲がっている矢も。

矢

狙うは、湖上の扇の的。

一番右側の舟に、朱色の袴を穿いた等身大の美女が乗っています。

見えますか?もちろん、マネキンですけどね(^_^;)。

扇の的

こんな感じで、狙います。

矢取りのボートが通ると、波が立って揺れるんですよね(>_<)。

扇の的2



*-*-*



結果は!

××○×

見事、1本中りました!

一緒に行った弓仲間で中ったのは2人だけ。

難しい・・・。

来年は、さらに上を目指して2本以上中てて、

是非競射に挑みたいですね。



中てると、日の丸の扇(写真右)を頂けます。

今年は、50年記念の金の日の丸の扇(写真左)も参加者全員に頂けました。

第50回記念扇



雨が今にも降りそうな中、

なんとか最後まで、晴れていてくれました。

ゆっくり露天風呂に入って汗を流し、

帰路についたのでした。

いろは坂を過ぎたころ、

突然の豪雨!

セーフ(^_^;)。



来年もがんばるぞ~!


テーマ:弓道 - ジャンル:スポーツ

  1. 射会
  2. | comment:8
明治神宮崇敬会全国弓道大会 :: 2011/07/20(Wed)

日曜日は『明治神宮崇敬会 全国弓道大会』でした。

全国からの参加者人数は、個人・団体総勢279名、84チーム。

K支部からも、3人一組で5チーム、計15名参加しました。



9時半に参加者挙って参道を歩き、

明治神宮本殿へ感謝の参拝。

道場へ戻り、10時に開会式が始まったものの、

代わるがわる挨拶をされる役員さん方。

エアコンの効かない道場で、

しかもお話しが長い(涙)。

学校の朝礼を思い出す。

そして、射会が始まったのは11時半でした。

始まる前から、みなさんグッタリです。



参加は初めてなんですが、

参加費が崇敬会会費を含めると、なんと4000円(お弁当付)!

ちょっとお高め。

でも、なんと言っても賞品がいい。

こんな風に、並べてあります。

でも、物に惑わされないようにしないとね(笑)。

崇敬会賞品1

崇敬会賞品2



この日は、Nくん、Yちゃん、私とでチームを組みました。

個人、一手×2回の4射。

内、3中すれば個人の予選通過です。

そして、この日の団体予選通過ラインは12射6中で、

上位16チームが予選通過です。



しかし、いつもの大会と違うところは、

3人の合計年齢が高いほど有利なのです。

同中チームが多数あれば、

合計年齢の高いチームから予選通過していきます。




一番下は高校生の17歳から、最高は87歳のおばあちゃままで、

そして、最年少チームは合計69才。

最高年齢チームは、なんと237才ですよ!

す、素晴らしい(^_^;)。



この日の為に、週5回という過酷な練習をし(笑)、

ばっちり調整した・・・つもりだったのですが・・・。

この日の成績は、

○× ××

残念ながら、個人も団体も予選通過ならず。

ごめんなさ~い(汗)。

見事、3中で個人を予選通過したNくんの応援にまわりました。


崇敬会



K支部からは団体3チームが、

個人では5人が予選通過したものの、

その後のトーナメントでは、

結果、惜しくも敗退したのでした。

優勝は、埼玉のチームだったかな。



でも、こういう射会は本当に楽しい!

結果が出せなかったのは、心残りだけれど、

弓が引ける喜びが、心から湧いてくるんですよね(^^)。



そして、ちょっと悔しい思いを引きずりながら、

「甘いものでも食べにいくか~♪」っと、

明治神宮をあとにしたのでした。



つづく。


テーマ:弓道 - ジャンル:スポーツ

  1. 射会
  2. | comment:2
アヤメ射会 :: 2011/05/30(Mon)

昨日、明治神宮至誠館小笠原流主催の「アヤメ射会」が行われました。

弓仲間6人で参加。

3人で、団体を組み、2チームに分かれて参戦しました。



立ち順を選べるとのことで、早く受付をして

さっさと終わらせようと、8時半の集合で行ったものの、

猛烈な台風の影響か、開会式が30分押してしまったのです。

控室は、いつも剣道や柔道で使われている道場。

パーテーションを小笠原流の家紋の幕(裏表?)で覆われている男子更衣の脇で

待機すること1時間半。

漸く、始まりました。

アヤメ射会控え



出番は、1番の初っ端の立ち(^_^;)。

スーパー大前になってしまった22才のE子ちゃん、中はYちゃん、私はオチで

レディースチームを組みました。

要項はこちら

アヤメ要項1

アヤメ射会要項2


立射、4つ矢×2回の個人8射、団体では合計24中で競います。

個人で、6中/8射すれば、板割賞の弓巻きを頂けて、

その後の、板割(霞的の代わりに9寸の板)に参加出来るそうです。

そして優勝すれば、その日の納射で3人で矢渡しをするそうですが・・・(汗)!!!

まぁ、そんな心配は御無用でした(笑)。



3立ち小回りなので、

体力不足の私には、立て続けに8射はキツイ。

結果、チームでは、8中/24射でした。

個人では、不本意ながら

×○××  ×××○

全然ダメ。

貼りだされる、成績表(^_^;)。

アヤメ射会結果



Yちゃんは5中で惜しくも板割に参加できず、

結局、みんな玉砕で終了です。

帰りに、隣の中央道場で行われていた五段審査をこっそり覗いて、

みんなで、まったりと反省会ランチをして帰ってきました。

来年のアヤメ射会は、是非板割の参加権をGETしたいものです。



*-*-*


アヤメ射会と言うだけあって、

「本座」と「射位」にアヤメを活けた花瓶が置いてありました。

なんとも粋ですね。

アヤメ 

*-*-*



ちなみに、この「アヤメ射会」の参加費は、

2,000 円。

そして、参加賞はこちらの漆の小皿。

アヤメ射会参加賞

この小皿、2000円で購入した気分です(笑)。



*-*-*



7月17日は、

ちょっとシャッフルしますが、 またこのメンバーで

明治神宮崇敬会射会に参加します!

練習、がんばろー。




テーマ:弓道 - ジャンル:スポーツ

  1. 射会
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。